フッ素系離型剤なら口金付近にメヤニがたまるのを防いでくれる

サイトマップ

工場での作業

成形物洗浄の手間が不要のフッ素系離型剤はワックス系よりおすすめ

金属加工

成型作業でワックス系の離型剤を使い慣れている場合、成型物に転写した離型剤を洗って落とす作業もルーチンの一つになっているかもしれません。もし、成形物の洗浄作業が必要なくなったら、一日の生産数量は今よりもかなりアップするのではないでしょうか。成分としてワックスの代わりにフッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤に切り替えれば、この予想を現実のものにすることが可能です。
フッ素系離型剤を使うと、金型に塗布した離型剤が成形物にくっつくことがないため、成形物を洗って綺麗にする作業は必要ありません。それだけではなく、口金付近のメヤニの生成を抑制するという特徴も備えているため、成形物や口金に付着したメヤニを除去して製品の形を綺麗に整える作業も不要です。
成形物や口金に離型剤が付着しないため、金型に塗布した離型剤の量が減らず、結果的にワックス系よりも持続性が高くなります。また、メヤニの除去や転移した離型剤の洗い落とし作業が不要なため、現場の業務効率化につながると同時に、製品破損や変形のリスクも同時に減らすことが出来るのです。
このように、メリットが数多くあるフッ素系離型剤、是非、実際に使ってみて、その利点を確かめてみることをおすすめします。

質の良い離型剤はフッ素コート剤専門メーカーで購入しよう

これから新しくゴム製品などの製造販売業を始めるなら、業務上必須のツールとして離型剤を購入する必要があります。口金のメヤニの生成を抑制し、現場で刷毛やスプレーで簡単に塗布できる不燃性の製品もあるといった特長から、最近現場で人気なのはフッ素系離型剤です。そこで、自社の新製品の成型のためにもフッ素系離型剤を採用したいと考えているなら、口金付近にメヤニがつかないフッ素コート剤専門メーカーで相談の上購入するといいでしょう。
フッ素系離型剤に関してフッ素コート剤専門メーカーに相談するのがおすすめなのは、フッ素系離型剤の主成分がフッ素コーティング剤のためです。フッ素系離型剤の離型効果は、そもそもは、フッ素コーティングによる非粘着性という特性を活用したものです。そのため、フッ素系離型剤について理解を深めるためには、主成分たるフッ素コーティング剤に詳しいメーカーに当たるのが一番と考えられます。
専門メーカーでは、フッ素系離型剤の特徴を把握することに努めると同時に、自社製品への適用について、出来るだけ具体的な質問をして回答を得るようにするといいでしょう。メヤニが出来ないことは、成形物や口金のメヤニ除去が不要なため大きなメリットですが、離型剤の塗布量との相関がどうなのかは気になるところでしょう。専門メーカーでは、こうした点についても遠慮なく質問しましょう。

口金のメヤニの発生を抑える離型剤を選択しよう

プラスチックやゴム製品の製造プロセスで必要不可欠な離型剤ですが、離型効果だけに注目して離型剤を選ぶよりも、製品としての使いやすさもよくチェックしましょう。離型効果だけを比較すれば大きな差がないように思える離型剤も、現場での使いやすさも視野に入れて総合的に判断することで、より便利なものはどれかがよく分かるはずです。
例えば、フッ素コーティング剤が成分として使われているフッ素系離型剤は、離型効果の面でも抜群ですが、加えて、現場作業をとてもやりやすくするいくつもの特長を備えています。口金のメヤニの生成を抑制できることもその一つです。成型作業では、成形物を綺麗に金型から剥がしたり口金から押し出したりするのも大変ですが、成形物や口金にメヤニなどの余分なものが出来てしまうと、メヤニ除去という追加業務も一連の作業に組み込まなくてはなりません。日々、出来るだけ多くの製品を生産したい現場としては、この作業をしなくて済む離型剤の方がずっと有難く、使いやすいでしょう。
フッ素系離型剤は、更に、効き目が悪くなってきたときにすぐに刷毛で塗布するなどして現場で補充可能です。しかもかなりの短時間で乾燥するため、成形作業の中断時間は最小限で済みます。
離型剤としての効果も確実で、現場での使いやすさも十分のフッ素系離型剤、是非、採用するといいでしょう。

ピックアップ

TOPへ